上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
前回で完成としたバトロイドバルキリーでしたが、なんだかやっぱり余らしてしまったスーパーパック達がなんだか不憫なのと、今日一体何度目になったか解りませんが、通しでTV版マクロス見終わったので、兵器製造衛星を強奪した時にマックス、ミリアが大活躍で、しかもそれがスーパーだったので、スーパーにしちゃえって事で、スーパーバルキリー化計画スタートです。

マックス、ミリア機のスーパーバルキリーって、スーパーパックのカラーリングが2通りあるんですよね~。

ボドル旗艦艦隊との決戦時は、機体色と同じカラーでの塗りわけ
兵器製造衛星強奪作戦時は、緑って言うのかオリーブドラブって言うのかそんな感じ。

お二人の一番の活躍どころの衛星強奪作戦仕様にして製作しようと思います。

んで、バルキリー本体で、スネの幅増しをしちゃったので、スネの部分のスーパーパックのふくらはぎ部分の装甲板を幅増ししてやらなければだめで、結構ディテールも入っているのですが、全部一度落しちゃって後からまたディテール追加という、2度手間ですが、下の様に作っています。

改修するのってたぶんここだけだと思います。
はてさてどうなることやら。
DSC03298.jpg
スポンサーサイト
ようやく発表されましたモデグラMSVコンテストですが、結果から行きますと、予選通過ならずでした。

ちっこく写真を載せてもらえましたが、さすがな物で、ちっこい写真ながら、カッコ良く撮っていただきました。

詳しい結果、優秀作品はどんなの?などはモデグラ4月号を御覧ください、ライターさんの作例ではPOOHさん作例の超カッコイイVF-25バルキリー(緑色のやつ)も載ってますよ~。

ということで、モデグラにのっけてもらえるまで、公開しないと決めていた作品だったMSV?「ガンキャノン重装型 ビームキャノン試験機」公開しちゃいます。

クリックするとおおきくなりますよ~。
PA223533.jpg
PA223545.jpg
PA223556.jpg
PA223575.jpg
PA223589.jpg


そのうちホームページのギャラリーにも載せようかと思いますが、モデグラから帰って来たら?くるの?また写真撮りなおすかもしれないし、モデグラで紹介していた撮影のときに使う、箱欲しいな~と、またまたツール収集癖がうずくのでした♪
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
P2214338.jpg
とってもご無沙汰だった、気まぐれ日記ですが
例によって、いきなりの完成です。

製作記、かなり端折ってしまいましたが・・・かなりいっぱい、いじったんですが・・・・
今回の作品は、形的にはかなり満足・・・・

仕上げ中に部品を壊してしまったりでかなり、粗い仕上がりとなってしまったんですが、自分で満足しちゃったので、いったんは完成としちゃいます。
日記、放置しすぎもあれなんで・・・(職場の宿題もそろそろ本気でやらないといけないんで、いったん終了)

今回の作品のすぐ後に取り掛かるか、なにかひとつ作ってから取り掛かるかはまだ悩み中ですが、もう一体同じ構成で青いバトロイドバルキリー(マックス機)を製作して、それで本当の完成なんで、そのときに真の完成となります。

今回撮った写真をとりあえずアップしときます。
P2204311.jpg
P2204319.jpg
P2204323.jpg
P2214333.jpg
今回の製作で、感じたのは、以前にも書いたのですが、ハセガワのプラモデルが如何に上級者向けなのかと言うことと、バンダイキットとのプラ素材の違いです。

と言うよりはバンダイのガンプラマスターグレードが、どんだけ作りやすく設計されているのかが解った気がします。

もっと綺麗に作れる様にならなければだめですね~反省点が多い作品でしたが、中学生くらいのときにやっていた工作なんかを思い出して楽しんだ作品でもありました。
やはり、ブログがサイレント化しているROOKIEです。

さてさて、バルキリー進んでいますが、なんだか製作記つける余裕が無いと言おうか、製作記かける様な作り方になっていないというかで製作記書いてなくてゴメ~ンって感じで、将来もう一体ほぼ同じ構成でバルキリーを作る自分に謝っておきます。

さて、今日のお題ですが、またまた模型製作のためと言うよりも、自己満足の収集になりつつある、模型製作に使うツールのお話。

今回は「BMCカッター」です。
BMCカッターって何ぞや?って方も多いと思います、名前だけで判断するとプラ板でも切るカッターか?みたいな感じですが、その正体は↓
bm.jpg
先端工具ってやつですね、先日私のブログで紹介しました、モーターツル、リューター、マイクログラインダーなどなど色んな呼び方がありますが、商品名で言うところの、ビルドマスターエボリューション等の先っちょにつけて使う、ビットです。

なぜカッターなのか?????今まで結構、謎に感じていたところでしたが、先日、モデグラでおなじみのPOOH熊谷さんちへ、お邪魔してきたのですが、そのときに話題に出たのが、このBMCカッターで、すんごくイイからちょっと使ってみる?とのお言葉があり、もちろん迷わずに使ってみたのですが・・・・・

まぁ!!びっくり!何と言うスバラシイ削り心地、そして削り跡の綺麗なこと!削ると言うより切る感じです。
なるほど!これが名前のカッターなのかと思わず納得してしまいました。

ん~例えて言うならば、ビルドマスターに付属している、ダイヤモンドの粒粒がいっぱい付いたビットの使用感がヤスリのごとく摩擦で削っているのに対して、BMCカッターの切れ方と言ったらスパッとまるでカンナで一皮剥いた様な気持ちのいい切れ方!!

もうこれこそ一目惚れです。

4本で7140円・・・・・POOHさんに使わせてもらう前はなんて高価なビットなんだろう、気にはなるけどまず、買わないでしょう・・・な~んて思いながら筋彫り堂さんのサイトを見ていたのですが、この切れ味・・・・・機能美を考えると割高感は無いです。(きっぱり)

と言うことで、例によってお買い物をして、今日無事に宅配されましたので、レビュー♪

今までの物と使い比べをしてみました。
h.jpg
比較は砲弾型、ビルドマスター付属の30本セットの一番でかい砲弾型と使い比べです。
左がBMCカッターの砲弾型大です。
そして同じ素材を削り比べてみたのが↓
ke.jpg
ウソでしょう?って位に削り口の状態に差がはっきりとしています。
右がBMCカッターで削った切り口で、左がダイヤモンド粒のビットの削り口・・・・・・・
どうですか?この違い!!一目瞭然ですね。
そして、BMCカッターが単に摩擦で削っているのでは無いというのがわかるのが↓の写真。
te.jpg
見て下さい!この私の親指!ではなくて・・・・この削りカス。
何を言いたいかと申しますと、摩擦で削ってできた削りカスは粉になるのですが、カンナの様に削る、切っているので、削りカスが糸の様になっているのです。
ダイヤモンドのビットでプラを削ると、摩擦熱で溶けてビットにくっついちゃったりするんですが、BMCカッターはこの通りです。

なるほど!、カッターと言うネーミングをしたくなるわけだ。

バルキリー?
こんな感じ。
まだまだかな
P2124301.jpg

プロフィール
 

ROOKIE34

Author:ROOKIE34
HOBBY SPACE ROOKIE34 気まぐれ日記へようこそ、このブログはROOKIE34のホームページの日記としても活用しています。

ホームページはこちら

FC2カウンター
 
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
 
ブロとも一覧
 

■ ブログ名:ガンプライフ。
カレンダー
 
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
AquariumClock 2
 
FC2ブックマーク
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。