上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
 題名の通りだと1体の片方の腕だけでこれだけのパーツ数になる・・・・う~む目玉クリップが足りなくて、1体分づつしか塗装できない・・・・z15.jpg

スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 ゲームの誘惑や、暑さをなんとか払いのけ少々作業を・・・・・

前回製作したのが、HGUCスーパーガンダム、今回はMGゼータVer2.0久々に作ったMGしかも最新の部類に入るキット、ギミックも合わせ目の処理も進化しているだけあって、ものすごい部品の数です。

右腕1本、指先から腕まででこの部品の数です。(除く肩)

※SDアッガイは MGゼータガンダムVer2.0に含まれません!z14.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
未分類 | 2006/07/28(金) 14:46
 久しぶりに、日記をつけようと、PCの前に座る。

が、しかし画像が無いのはなぜ?、作業が進んでいないから・・・・・やっと来た夏にやられてしまいまして・・・関東地方やそれより、西、南に住む方々にしてみれば涼しいくらいなのかも知れませんが、暑さに弱い道民の私は、集中力に欠けてしまいます。

他にも大きな理由があり、今までは殆ど手をつけていなかった、PS2のゲームモンスターハンター2(ドス)の攻略本をついつい買ってしまい、それからすっかりはまっており、抜け出せません。

軟弱者~~~

しかし、言い訳95%「気分が乗らないときに作ってもいいものは出来ん!」

しかし、今日本屋さんで見たホビージャパンにはF91の製作記がぁ~気が散るばかりで困る・・・・・・・・・・。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 只今製作中のMGゼータガンダムVer2.0用にガンダムデカールを調達してきました。

この3種のなかから厳選したデカールを使い仕上げたいと思います。完成してからなので、いつのことやらな感じですが^^がんばります。z13.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
頭部~腹部にかけてが完成しました。
 
一通りの色を吹き付けたので、こんなカラーリングになりますよということで、画像で公開します。
z11.jpg

z12.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 今回のMGゼータガンダムver2.0の製作での、内部メカ、間接などの塗装はこれで行きたいと思います。

 かなり骨が折れますが、なかなか綺麗に仕上がりそうなのでこれで行こうとおもっとります。これが出来るのもラッカー系塗料に変えたからこそです。特性と乾燥の速さならではです。

 レシピ、工程は内緒(資料のページのホービージャパンの塗装ともまた違います。)画像でみなさんに伝わることを祈ります。光加減を目立たせるために、ライトを強くしてあるので、実際の色よりも明るめに写っています。

 金属感が上手く表現できているでしょうか?z10.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 今日は久々にまぁまぁの天候で、エアブラシを使っての塗装もはかどり、コンプレッサーを冷却する時間が必要な程で、その間にティターンズカラーのパイロットを塗りました。

 前に考えていた様に、ヤザンのつもりで塗りました。ヤザンってあれだけ派手なキャラなのにノーマルスーツは一般兵と同じなんですねー、ヘルメットのシールドがオレンジなだけ^^。
z9.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
昨日、今日と2日続けての雷と雨が続く変な天気のため、湿度も高く、塗装作業は一向にはかどりません。

 そんなときはコツコツと改修作業です。

以前の日記にも書いた理由から腕のパーツの凹凸をエポキシパテで埋め、整形、ただこれは平たいパーツに凹凸の部分が抜けてるので、盛ってきれいに乾燥したパテでもペーパーをかけている時に、ポロッと剥がれてしまうとろもあり、そういったところは、ウェーブ社の模型用瞬間接着剤で剥がれたところを貼り付け、更に上から瞬間接着剤を塗って、乾いたところをやすりがけで、整えることで、写真の様に仕上がりました。

写真の4つで1体分、これをもう1セット、コツコツとやりました。

それにしても湿度の高さ、恨みます。z8.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
昨日、子供達を連れて札幌と石狩のぎりぎりのところにある、ガトー○ングダムに遊びに行ってきました。(プールとお風呂)

本題はそこではなく、途中に大きなホビーショップを発見、スーパークリアのMrカラーを買うだけに立ち寄ったはずだったのですが・・・・

参考資料のページにも載せましたホビージャパン2006年2月号のエアブラシ完全攻略で紹介されていた「コレ」を発見。

エアテックス社製、KIDS-105 ノズル口径0.3mm トリガー式のダブルアクションで定価は3045円、今回の購入価格2436円!

3000円台でダブルアクション!しかもトリガー式、前から気になっていたので、この値段なら、使い勝手が悪けりゃ、サフ吹き専用でも、クリア専用にしてもいいかなと思い、即、購入。

自宅へ帰り、使って見ると・・・・イイッ!これいいですよ、面白いくらい実用的に使えます。今まで悩みの種だった、ボタン式のボタンを押すときの指先の痛みも無く楽々、ただ、本当に超極細吹きや、広範囲吹きは苦手なようですが、とってもお世辞抜きで使えます。これからはコレをメインで使ってもいいと思うくらいです。

ただ、見ての通りの作りです、また実際に分解してみてもメンテナンスはしずらい作りであるので、寿命が来るのは早いかなと考えています。

でも買って良かった。この使い心地のよさは良いですね~(指が痛くない)トリガー式とはこういうものだと体験させてくれただけでもコレを買った価値はあると思う。 次回は間違いなくトリガー式を買う決心が付きました。

ただ、エア缶を使うことを前提に作ってあると思うので(エア缶を取り付けるための部品等も入っている)、圧力の弱いコンプレッサーだと厳しいかもしれません。tool1.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
お題の通りですが、「ガンダムは顔が命です。」

と言うのは、顔がカッコ良く出来たとか、そうでないではなく、(カッコいいと思ってますが・・)今回の意味する命とは・・・・

どの部分が完成しても、顔を残して他の部分すべてが完成したとしても、顔をミスってしまえば、今までの苦労も水の泡、逆に他で小さなミスがあっても、顔をつけたとたんなんだかカッコ良く見えてしまうと言うことがあります。

数十年前のひな人形のCMのように、「人形は顔が命です。」と同じでガンダムも顔が命なのです。(私は思う)

そんなこんなでいつも「ガンダム」を作るときはまず、顔を一番に完成させてしまうようにしています。(今回はパイロットでしたが・・・しかも片方はまだ・・・ヤザンにしようかと・・・ヘルメットのシールドの色が違うだけか・・・)

命が先に出来てしまうことで、完成が一気に近づいた気持ちにもなり、ほったらかせない状態になります・・・・・ほんとか? 

今回はいつものフラット仕上げではなく、セミグロスで仕上げています。

苦労した目も映えていると思いますが、エゥーゴカラーの方が悪人ヅラでしたね・・・・・・^^;青いカメラもいい感じ!(自己満足度100%)z7.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
やはりどうも青いカメラの塗りがしょぼ過ぎたので、再度塗りなおしました。

緑の目はそのままで、青カメラはエアブラシ仕様にしました。

後で光沢スーパークリア買って来て上塗りして、カメラ類の塗装はこれに決めます。z6.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
やはり、技を学ぼうと言う観点から、MAX渡辺氏同様、筆塗りだけで再度、目等のカメラ類を塗りなおしてみました。 
青いカメラのほうはショボイなぁ・・・・。

頭部を組上げた時にどれだけ映えるか楽しみにしたいと思う。

頭部の他のパーツは現在サフ吹きが終わったばかりで、仕事のスケジュールから行くと良くて週末に頭部が組みあがるかな~~~~といったところです。z5.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
今回の製作は、ズバリ!ホビージャパン2006年3月号を参考に作業を進めています。
2月号は徹底改修でとてもすばらしい作例の記事が載っているのですが、私の技量ではそこまでの物を参考に取り組むと、完成しないのが目に見えますので、3月号を、しかも部分的に参考にさせていただこうと思っています。

とりあえず、今取り掛かっているのが、今回の肩のパーツの段差ディテールの埋め作業と、腕(手首の上)のでこぼこディテールを埋めてアニメや、設定資料のラインに近づける作業、記事でも劇中に登場するゼータと違い、気になる箇所とのことで、実際にDVDや設定資料を見ると確かにうなづけます。

記事では顔の顎の辺りのラインと、目の上のひさしのラインも気になり、改修しているとのことですが、私はあまり気にならなかったのでそこはパス。

とりあえず、肩パーツの画像は左が改修、右が素です。

3月号では凸モールドを削り落としているのですが、実際にパーツを見るとかなり薄いので、下手をすると穴が開いたり、透けて見えてしまうほど薄くなる危険性を感じ、段差部分にエポキシパテを盛って段差部分をツライチに成型して若干のボリュームアップを兼ねて?凸モールドを消せたかな?とおもっていますが、この部品だけ見ても良くわからんですね。
z4.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
とりあえず、キットの部品で丸かったり、妙に厚ぼったいパーツを削ってシャープにしてみました。

黄色パーツ(頭部ブレードアンテナ)
青色パーツ(胸部黄色い排気口の下の部品)

どちらとも上がキットの素の状態、下が改修後。

これからもあまり大きな改修はしませんが、こういった小さな改修をコツコツとやって行こうと思います。z3.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日記をつけ始めたばかりなので、1日に2つ目を書いたりしている、飽きるまでは結構マメなんだが・・・・

1年後もこうでありたい。

さて、メインカメラの塗装について(メインカメラってどっちだ?目?それとも上の縦長台形?)

過去の作品はどれも、下地にシルバーを塗装し、その上からクリアーイエローなり、クリアーグリーン等を塗って、光のあたり加減によっては、きらめく塗装をしていたが、写真を撮るとなかなか目がはっきりと写らない事も多くあった。

そこで今回は、光の当たり加減に頼らずともくっきりと目が見えることをひとつの課題とし、またMAX塗りに忠実?な作品を作りあげようと考え、メインカメラ類もMAX渡辺氏の教えに沿って(ホビージャパンの記事ね^^;)仕上げたい。

目の部分がMAX氏のそれであるが、蛍光グリーン、クリアーグリーン、ホワイトを使ったグラデーションで発光しているかのごとく塗りあげるテクニックであるが、やはり、なかなか氏の様にそれらしく仕上げるのは難しい、修行がたりないと痛感する。

白の乗せ方がうまく出来ず、氏はこれをすべて筆塗りでこなすのだが、自分でやるといかにも塗りましたといった雰囲気になってしまい、エアブラシを使いボカシてなんとか発光している雰囲気に近づける。(早くも忠実ではない様子・・・・)



z2.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
マスターグレードといったら、まずここからはじめなきゃ・・・・後からだとオミットしちゃいそうだし・・・・
一応カミーユで塗り分けたつもり。

塗りわけの資料はもちろんガンダムファクトファイル。
うむ~ネイビーブルーと黒の違いがわからん・・・・ヘルメットやノーマルスーツの青も微妙か・・・

次はティターンズカラーのパイロットを塗らねば、誰にしようかな~Ζ①

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

Author:ROOKIE34
HOBBY SPACE ROOKIE34 気まぐれ日記へようこそ、このブログはROOKIE34のホームページの日記としても活用しています。

ホームページはこちら

FC2カウンター
 
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
 
ブロとも一覧
 

■ ブログ名:ガンプライフ。
カレンダー
 
07 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
AquariumClock 2
 
FC2ブックマーク
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。