上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
結果・・・・製作記も書かずにここまで来てしまいました。

一応まだ完成じゃありません。

これから武器を作ってようやく完成と言う・・・・・・
最後に武器って、やっぱりモチベーション下がる・・・・・

でもやります!

ザクキャノンと記念撮影(あくまでも未完成画像です両方とも)
DSC01077.jpg

スポンサーサイト
7月末までの製作記はきっと全て夕張模型イベントに出展すべく製作しているものになると思います。
と言ってもやはり製作記更新よりも完成重視しないと間に合わないと思うので、いつもほど書かないと思います。

しばらくの間、特にリアルでモデラーさん仲間と交流するようになってからはMGばかり製作していて、HGUCを綺麗にかっこ良く仕上げる難しさを痛感していたので1/144サイズから離れていましたが、ジムストライカー、ザクキャノンから始まった戦場の絆絡みの1/144スケールを作り始めると、以前に製作したHGUCスーパーガンダム等を作っていた頃は、キットを合わせ目を消す程度の作業で自己満足してしまっていたのですが、いや今回も夕張に出すには自己満足な改造より、キットを素で組み立て、綺麗に塗装して・・・・・と考え、ザクキャノンはすでに製作中だったので、それを完成させたあとは、量産型をほぼ素でと考えていたのですが・・・・・・・・

製作記(1)の頭部をいじったあとは、肩以外の改修は動力パイプをアドラーズネストアルミパーツ+スプリング程度で仕上げちゃおうと考えていました。

しかし、あちこち仮組みをするうちに、最低でもここはこうしなきゃ・・・と言うのが出てきてしまいました、色々なモデラーさんの色々な作品、製作途中の作品を見せていただくようになり、自分の工作技術はそうではないのですが、やはり目が肥えてしまっているのです。(お腹もと言う話も・・・・)
 と言うことで自分で自己満足できるところはやって出展しよう(ただしできる限り綺麗に・・・・)として、3体を夕張開始までに間に合わせるつもりでしたが、2体開始まで、3体目は開始後追加ということになっても良い物をということで進めます。

と言うことで、胴体を若干いじりました。
DSC01061.jpg

DSC01062.jpg

上の2枚がそれですが、例によって今回は比較の素のモデルが無いため「はぁあああ?どこをどうよ?」思うかもしれませんが、これが実は私にとっては結構手の入った改修なのです。それが↓の写真達です。
DSC01063.jpg

DSC01064.jpg

胴体その物です。
「なんだぜんぜんじゃないか?」そうかもしれません、しかしコレの各部の細かな調整に苦労したのです。
ポイントはズバリ、フロントアーマーを分割するためにで、尚且つキット然とした自然な感じにを目標でした。
単にやったことを書くと股間パーツをHGUC旧ザクからもって来ただけですが、股間パーツとザク本体の胴体パーツを合わせた時の段差の解消、フロントアーマーとサイドアーマーの自然な配置に気を使い、作業をすると、ただ部品を組み合わせるだけでは済まず、土台となる胴体パーツの接合部分の角度の変更や、正面の動力パイプの受け等を若干削り込む等てこずりました。
写真の前の方の黒い線(黒瞬着)から前が旧ザクのパーツで、見難いですが、フロントアーマーを接続するための突き出た部品はポリキャップのランナーが十字になった箇所を加工して埋め込んで黒瞬着で固定。
まぁ文章で書いてしまうととっても簡単にできそうな気がします。

次はフロントアーマーです。
量産型ザクのキットのフロントアーマーってこんな感じです。↓
DSC01069.jpg

キットを仮組みしてこのパーツをつけるといい感じですが、ご覧のようにどうがんばっても左右いっぺんに動かなければおかしいだろ?って作りで、もちろん原作アニメのように各部がグニュっと有機的に曲がることもありません。
そこで、旧ザクの股間のパーツと一緒に旧ザクのフロントアーマーが採用されますがコレも素のままだと、量産型ザクの胴体パーツや、サイドアーマー等とのラインが綺麗に整いませんので写真のように工作って言うことで↓2枚。
DSC01065.jpg

DSC01067.jpg

旧ザクと量産型のフロントアーマーコレがまたえらい形が違うので、特に上の方はまったくラインが会いませんので、改修、プラ板を芯にして速乾と経年変化の少ないと思われる?黒瞬着をパテ替わりに使い元々のパーツと面を合わせ、量産型ザクの各部パーツとラインが整うように整形したのが1枚目、股間部分のパーツで説明した接続部に接続し、左右独立して稼動するように改修したのが2枚目の画像、プラランナーのラベル部分にピンバイスで穴を開け、ポリキャップのランナーがしっくりとはまるサイズにあけ、それを切り取り、曲げたりした後、黒瞬着で固定と補強。
それで各部を組みあわせたのが、今回の日記で一番最初に公開した2枚の胴体部分の画像です。
※もちろん黒瞬着はこれからやすりがけして面を合わせます^^;

今回の改修に当たって一番活躍したのは↓でしょう。
DSC01068.jpg

ウェーブから発売されている瞬着硬化剤を以前は使っていたのですが、いくつかってもすぐになくなってしまうので、瞬着硬化はあきらめていたのですが、やはりそこはモデラーさん繋がりでこういうものがあるよとの情報があり、購入してきたのがこれです。
2千円くらいで模型店で扱っているところもあるとのことですが、私はジョイフルAKで買いました。

う~んとてつもなく長い記事になってしまったな、最後まで読んでくれる人はいるのだろうか・・・自分の作業の記録として書いていることもあるのでまぁいいか^^

最後までお付き合いしてくれた方、ありがとうございました。
さて、夕張へ出展その2として現在製作中なのが、HGUC量産型ザクです。

こいつも前回のザクキャノン同様、戦場の絆で自分が所属している小隊機をイメージしたものとして製作します。

とりあえず頭部の工作、形状変更をして、動力パイプをこんな風につけましょうというイメージをつかむために(後はめを嫌ったので、塗装までおわらしちゃいました。)

動力パイプはもちろんメタルプライマー吹きつけ後に塗装します。
ザク色いい色が出せたと思っています。

今回はノーマルと比較画像が無いのでわかる人は解ってください^^
DSC01060.jpg

モノアイはHi-QパーツのSPアイズのサンプルを頂いたものを今回も使用しました。
いいですコレとっても綺麗・・・・商品頼んじゃいました。
プロフィール
 

ROOKIE34

Author:ROOKIE34
HOBBY SPACE ROOKIE34 気まぐれ日記へようこそ、このブログはROOKIE34のホームページの日記としても活用しています。

ホームページはこちら

FC2カウンター
 
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
 
ブロとも一覧
 

■ ブログ名:ガンプライフ。
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
AquariumClock 2
 
FC2ブックマーク
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。