上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
ほぼ完成と言うところまでこぎつけました。

夕張のイベントに展示するべく急ピッチで製作を進めましたのでかなり製作記も省いてしまいましたが、なんとか形になってきました。

あとはこの画像を撮影した後に組みあがっている両腕とキャノン砲、バックパックを取り付け、製作中に若干破損した脚部を修復し、胸部からの動力パイプを取り付け(塗装、加工済み)、ザクマシンガンを作れば完成です。

ちと事情がありまして、ホームページのギャラリーやここで完成形を公開するのは8月末ごろになってしまいます。

現在はこのキャノンと行動を共にする小隊機を製作中です。
大掛かりな改修はせずに、HGUC旧ザクとHGUC量産ザクを組み合わせた、ザクを作っています。

急いでいるのでこだわりの改修も無いかと思いますが、進んだら公開して行きます。
20070707092026.jpg

スポンサーサイト
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ザクキャノンを製作中に様々な方々からアドバイスをいただきまして、これほど楽しめ製作した作品は無いと言うくらいですが、

今回も道内ガンプラモデラー繋がりで、お二方からアドバイスを頂いただけました・・・・・・・いえ、押しかけてお願いして教えていただきました。

まずはザクキャノンのキャノンたる部分の塗装、これは金属表現塗装と言えば道内でこの人しか居ないと私が思っている。「カテドラル・ベル」のコマッピー様に色々アドバイスを受けて、塗料の特性、重ね塗りをする時の注意点などを教えていただき、今回↓の様に塗装してみました。
DSC01047.jpg

DSC01048.jpg


そして次はスパイクアーマーです。

本来ザクキャノンのスパイクアーマーはまったく形状の違う、さらリとした物なのですが、今回の作品ではあえて、ザクⅡのそれを装備させようと考えており、これは私もハマっているアーケードゲーム「戦場の絆」で私が所属している小隊が「イエローショルダー」と言うことで、小隊マークがザクⅡのそれを黄色で描いた物なので、今回のザクキャノンはあえてザクⅡのそれを使い黄色くと考えたのです。

当初はHGUC量産型ザクのショルダーを使うことを考えていましたが、↓の写真の様に比べて見ると、
DSC01043.jpg

旧ザクのそれにはちょっとカッコイイと感じさせるモールドが彫ってあるのでした。
また、スパイクも市販パーツへの置き換えを考えていたので、角はいらないので・・・であれば旧ザクの方がいいじゃんということで旧ザクの物を加工してと、ザクの作例ではオーソドックスになってきた感のある↓の様な市販パーツの組み合わせでスパイクアーマーを再現しようと思っていましたが、
DSC01049.jpg

オーソドックスになりつつある表現としても、ザクをはじめて作る私は、その名の通りROOKIEでして、その使用方法、加工方法も解らずで、ならば、私が知る限り道内では、ザクと言えばこの人しか居ない!と思っている、「DOOVA PLA・MO STUDIO」のDOOVA様に聞いて見よう!ということで教えていただきました。
この部分の加工方法だけでも数通りの方法を教えていただきましたが、今回は多分これが一番簡単だよと教えていただいた方法で、↓の様な加工をしてみました(黒いショルダーアーマー)
DSC01044.jpg

こうやってU-バーニア、フラットを貼り付けるスペースを確保し、てバーニア.フラットとコトブキヤのスパイクを組み合わせてスパイクアーマーを表現したいと思い、製作中です。
ザクキャノン5回目はザクキャノンのキャノンである部分の改修までは行きませんが、ディテールアップを載せます。

もちろん昔の作品を惜しげもなくご本人のブログで私の製作の参考になればとのGST様の作品を参考にさせていただき、1部品のディテールアップをして1度キャノンは仕上げてみたいと思います。

このままでも意外といけると思うので一度組んでみて納得できなければその先を考えたいと思います。

この部品のスリット状になっているところにまずは適当にピンバイスで穴を開けます、そしてデザインナイフでモールドに沿って切り開口します。
DSC01003.jpg

そして↓の様に・・・・(1円玉との大きさの対比)
DSC01005.jpg

(キャノン砲にこのパーツをつけると・・・・)
DSC01006.jpg

成型色の青のまんまで、合わせ目もまだ処理していないのでカッコよく見えないと思いますが、これを処理して塗装するとカッコいいはず!
さて、4回目は頭部の製作、改修です。

旧キットのパーツを使用したのは後頭部のアンテナパーツのみです。
とさかも旧キットパーツをと思いましたが、コトブキヤの角バーニアパーツを改良してみました。

そのほかはモノアイ周りの穴あけと口周りの彫刻&スリット入りプラ版使用といったところです。

モノアイはHi-QパーツからサンプルをもらったSPアイズを使用します。
DSC00997.jpg

DSC00999.jpg

DSC01000.jpg

DSC01001.jpg

先日ザクキャノンの脚部工作を公開した後に、以前ザクキャノンのミキシングをしたことがある方から工作についてのアドバイスがあり、なるほど!とうなづける所が多くありました。

そのアドバイスを元に今の自分にできそうな方法で膝~スネ(旧ザクキャノンキット部品)をボリュームアップして、太股~つま先にかけてのラインが自分なりに自然に見えるように修正して見ました。

確かに前回のままだと、足首から下が前に出過ぎな印象があったので、今回のこれで自分なりの決着かと思います。
DSC00994.jpg

DSC00995.jpg

DSC00996.jpg

DSC00992.jpg

プロフィール
 

ROOKIE34

Author:ROOKIE34
HOBBY SPACE ROOKIE34 気まぐれ日記へようこそ、このブログはROOKIE34のホームページの日記としても活用しています。

ホームページはこちら

FC2カウンター
 
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
 
ブロとも一覧
 

■ ブログ名:ガンプライフ。
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
AquariumClock 2
 
FC2ブックマーク
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。